52月

管理人はこれまでクレジットカードの審査に引っかかったことがありませんが、
なかには何度も審査に落ちてカードを作ることが出来ない人もいます。

クレジットカードの審査には、収入や現在保有のクレジットカードの使用状況、
金融機関からの各種ローンの有無や返済状況などを確認されます。
カード会社や作ろうとしているカードの種類によって審査基準が違います。

例えば楽天カードは結構審査基準が厳しいそうで、
自営業の方や低所得者の方だとなかなか作ることが難しいそうです。
そういえば、楽天に友人が勤めていますけど、楽天カードの勧誘されましたね。結構ノルマがあるそうです。
会員数を増やそうとしていても審査基準を厳しかったらなかなか増えないと思うんですけどね・・・。

ちなみにガソリンスタンドのクレジットカードは比較的審査が通りやすいと聞きます。
新卒の新入社員でも簡単に作れちゃうそうで、審査基準が甘いそうですね。
バイクや車をお持ちの方は、ガソリンスタンドで給油もリッター当たり1~5円ほど安くなりますし、
現在円安で燃料費用がかなり高くなってきていますから、
現金で支払うよりも専用のクレジットカードを作っておくと結構お得ですね。

以下審査が厳しいカードと甘いカードを紹介しておきますね。

審査が厳しいカード
ダイナースカード(超厳しい)
三菱UFJニコス系、三井住友VISA、楽天カード

審査が甘いカード
石油系カード、ライフカード、ファミマTカード

42月

目当てのクレジットカードを申し込んだ時に
勤務先へ在籍確認をする場合がございますという記載がある場合が多いですよね。
実際にクレジットカード申し込んだ際の在籍確認についてなんですが、
勤務先に本当に連絡してくる場合とない場合があるんですよね。

ところで、どのような感じで連絡が来るかは経験したことがある人ならご存知だと思いますが、
「○○と申しますが、□□さんはいらっしゃいますか?」
とかけてきます。このときあなたが席を外している場合でも、
最近は個人情報保護のため会社名を名乗らずにかけてくるのが当たり前なんですが、
カード会社を名乗ってくるところもあるみたいなんですよね。
正直言ってこれってどうなんだろうって思いますよね。

もしこれが消費者金融からの電話だったら、
「□□さん、借金してるんだ・・・」というふうに思われて
正直会社側は良い印象も持たないですよね。
まぁクレジットカードを作ることじたいは世間的に別に変なことでもありませんし、
マイナスなイメージもありませんから、会社に知られても困ることはあまりありませんけど、
個人情報の保護は徹底して貰いたいなぁと思います。

« Newer Posts